無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

校門の女の子
私の席は一番左の後ろから2番目だった。
個人的に窓際はすごく嬉しかった。
天堂光輝
天堂光輝
あなたさん隣だ!
あなた

天堂くんよろしくね

後ろは陸、斜め前は日浦くん、前は朝校門の前にいた女の人だった
あなた

あの…

そう言って名前を聞こうとした時チャイムがなり、授業が終わった。
そうすると急に廊下が騒がしくなった。
??
な…
??
成瀬果音
??
そう、成瀬さんおられますか?
すると前の女の人が行った。
成瀬さんっていうんだ。
そう思いぼーっと成瀬さんを見ていた



遠くて何を話しているのかわからない





が急に成瀬さんが
成瀬果音
成瀬果音
男の妄想押し付けるのやめてもらえますか?
まただ。
校門の前でもあれを言っていた。
男の人がそんなに嫌いなのかな。




私は成瀬さんの後を追いかけるようにして教室を出ていった。
??
あれは…霧島あなた
その声はあなたの耳に届くことはなかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る