無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

伝説の王子候補集結
あなたside

今日一日は特に何もなく、いつも通り、という感じだった。



放課後帰ろうとした時




ピーンポーンパーンポーン




本日の放課後、伝説の王子選手権の候補者を集めます。


伝説の王子選手権とは代々伝わるもので、参加の条件はありません。


参加したい方は理事長室まで来てください。


また、実行委員長である霧島さんも理事長室へ来てください。
あなた

そうだった…

そう言われてあなたは王子選手権のことを思い出した。





光輝side


霧島さん、王子的な人が好きなのかな。
天堂光輝
天堂光輝
霧島さん、王子選手権の実行委員長なんですか?
伝説の王子に興味あるんですか?
あなた
いや、私は特待生で、断れなかったから受けただけだよ。
伝説の王子を決めるのはまだまだ先。
ということは、実行委員長の霧島さんと関わることが増えるってことだよね。
天堂光輝
天堂光輝
俺…伝説の王子選手権に立候補します!
小田島陸
小田島陸
光輝がやるなら俺もー
日浦樹
日浦樹
俺もやろうかな
なんでこいつらまで…
京極尊人
京極尊人
王子とか別にどうでもいいけどあなたが実行委員?なら一緒に居たいから俺も出る
京極竜
京極竜
兄貴が出るなら俺も出る
京極兄弟まで…。
伝説の王子になって霧島さんに好きになってもらおうとしたのに…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る