無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

伝説の王子集結part2
あなたside


その日の放課後、理事長室に行くと意外にもたくさん人が集まって居た。
あなた

うわ…。

思わず声を出してしまった。
そうあの人がいたから
嵯峨沢ハル
嵯峨沢ハル
よっ、あなた。
あなた

なんでハルがここにいるの?

嵯峨沢ハル
嵯峨沢ハル
俺らここの卒業生だからさぁ、伝説の王子なりに来たってわけ
俺ら?
よく見るとたいちさんと翔もいた
翔
あなた伝説の王子になったら俺と付き合ってくれる?
そういうとあなたの手を取った
あなた

またすぐそういうことする。
私はただの実行委員だし、翔とは付き合わないよ

嵯峨沢ハル
嵯峨沢ハル
あははっ。あなたは俺と付き合うんだもんな!
天堂光輝
天堂光輝
ちょっと、なんなんすか黙って聞いてたら
京極尊人
京極尊人
そうだよ、あなたは俺と付き合うんだよ
みんなほんとなんの冗談なのか。
あなた

私は誰とも付き合わないよ?

そういうとみんな黙ってしまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る