無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

実行委員長のお仕事
あなたside

伝説の王子。
私も伝説の姫になってみたいな。
理事長
では、これからの事と実行委員長の仕事についてお話ししますね。
まず、王子を決める大会まではあと2年あります。
それまで、王子自体の王子力を極め、そのサポートを霧島さんにやっていただきます。
それと王子同士はもちろん、実行委員長との絆も深めていただきます。
王子力を極めるためのサポート、か。
大変そう、私には到底そんな能力があるとは思えなかった
あなた

あの、それはいつからやるんですか??

理事長
いい質問です。
もう早速明日から行ってもらいます。
そして3日後から2泊3日、親睦会として王子全員と実行委員長で、旅行にいってもらいます。
もちろんただの旅行というわけではありません。色々な計画をこちらで立てます。
朱雀奏
朱雀奏
親睦会ですか?ちなみにどこへ行かれるんですか?
理事長
特に決まってませんがみなさんどこかありますか?
朱雀奏
朱雀奏
それでしたら、僕のプライベートビーチはどうでしょう?
ハワイにあるのですが
ハワイか、久しぶりだなぁ。
理事長
ハワイ、ですか。
いいですね。朱雀くんお願いできますか?
朱雀奏
朱雀奏
誠一郎連絡しといて
久遠誠一郎
久遠誠一郎
わかった。連絡しておく
天堂光輝
天堂光輝
ハワイかぁ…!俺いった事ない
霧島さんと一緒に海で…
小田島陸
小田島陸
光輝何ニヤニヤしてんの?
日浦樹
日浦樹
また妄想に入ってる。
理事長
では、本当は明日から早速と思ったのですが、学校も始まったばかりなので、親睦会までゆっくりと過ごしてください。3日後までにお知らせの紙を配布しますね。
3日後か、楽しみ。



あなたはみんなとハワイに行けることが何よりも楽しみだった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

北人&壱馬ℓσνє
北人&壱馬ℓσνє
何かあればTwitterまで Twitter→@RMPGkazuma_0107 もしよろしければフォローもしてくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る