無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
826
2021/08/28

第1話

好きだよ…ユンギ♡
ユンギside




初めは大好きだった。愛してた。ずっと一緒にこのまま幸せで隣にいれるって思ってた…。干渉せず居られる空間が好きで、甘くて落ち着いて優しい匂いのするヒョンの隣が好きだった。俺を好きだと言う声が好きだった。バラの花をくれたあなたが好きだった。

なのに…









違った。












JN「ユンギお前は僕だけでしょ?」











日に日におかしくなるヒョン…。


















JN「ねぇなんで僕以外の人の事を話すの?」














激しくなる嫉妬…。

















JN「お前は僕以外見ちゃダメ」
















勝手に決められていくルール


















JN「何で?言ったよね?僕以外と話すなって」




suga「でもっ…話さないとおかしいって思われる。」




















すこしでも反抗すれば…


















JN「え?何?約束したよね?破ったのそっちだよね?それで口答えするの?」



















声が出なくなるくらい、腰が悲鳴をあげるくらい
抱かれる。次の日がどれだけ大事な日でも…。
痛いのを我慢して収録やときにはライブに出ることだってある。

























でも、愛してくれてるんだって愛されているんだって思って耐えていた。















だけど…もう分からなくなってしまった。好きという感情を。ジニヒョンに対して感じる愛しいという想い。全てがわからなくなった。















V「ヒョン?痛いの?」


















そんな時にお前が声をかけてくれた。

















V「内緒ですよ?はい…どーぞ」
















内緒だと言ってくれたリナリアの花…。

















V「ヒョン…どうしてあの人なの?」

















あどけなさの残る穢れのない瞳に見つめられて

















V「僕なら泣かせないのに」



















俺はおかしくなってしまった。
























ユンギを愛しすぎて暴走してしまうジンとユンギの傍に寄り添いたいと思うテヒョン…。
どちらともユンギを大切におもっているはずなのに愛情表現が正反対の2人…。人それぞれの愛し方があって優しくするだけが愛じゃないって話です。
























🐹+🐯×🐱