無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

証拠
とりあえず証拠が必要。

あの人頭悪そうだし、すぐにボロ出してくれそう
それから私はひたすら耐えた。

耐えて耐えて、証拠をしっかり録音録画。
朝村 光莉
朝村 光莉
ねぇ、早く別れてよ、邪魔なんだって
とか
朝村 光莉
朝村 光莉
なんであんたみたいなブスが影山君と付き合ってるのか意味わかんない
朝村 光莉
朝村 光莉
影山くんは私と付き合うんだから
朝村 光莉
朝村 光莉
気持ち悪いなぁ、早く帰りなよ
散々暴言吐かれて、ぶつかられたり、もの隠されたり、いっぱい、いっぱい我慢してあげた
飛雄はもちろん心配してた

顔色悪いけど、何かあったか?とか
俺に何時でも頼ってくれとか、
普段よりも素直で優しくて、あいつのおかげでもっと飛雄を見れて、幸せ

まぁ顔色悪かったのは夜更かしなんだけどね
そしていよいよ明日が最終日

しっかり証拠をまとめなくちゃ
立花 紗菜
立花 紗菜
あんた……怖いわよ
桜井 小雪
桜井 小雪
それほどでも
紅葉 由乃
紅葉 由乃
小雪〜、日向がどっか行った!どこいったか知らない??
立花 紗菜
立花 紗菜
あっちの体育館行ったわよ
紅葉 由乃
紅葉 由乃
あ!ありがとうございます!
さて、この辺でおしまいかな
立花 紗菜
立花 紗菜
……これあげる
桜井 小雪
桜井 小雪
!これって
貰ったものは、朝村光莉が、転校して行った人をいじめている現場の写真
立花 紗菜
立花 紗菜
いつ、出すか迷ってたのよ
ありがたい。

これは結構いいネタかも
影山 飛雄
影山 飛雄
小雪っ、今いいか?
立花 紗菜
立花 紗菜
行ってきなさいよ、
(私も頑張らなくちゃ)
桜井 小雪
桜井 小雪
ありがとうございます
私は体育館を出て、裏庭の方へ向かった