無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

合宿1
桜井小雪side
目が覚めると、もう日が登っていた。

隣を見れば、幸せそうに寝ている飛雄

ふふっ、寝顔可愛い。

ふと気づいた。右手、、、飛雄が恋人繋ぎしてる

まぁ両利きだから別にいいか、手暖かいし

周りを見れば、全員寝ていた。



日向君と由乃も、2人寄り添って寝ていた
みんな子供みたいだなって、思える
数時間後
武田一鉄
武田一鉄
起きてくださーい!
朝ですよー
3年生は既に起きていて、2年生の
田中さん、西谷さん、木下さんたちは爆睡。
同じく日向君と山口君と飛雄も爆睡
桜井 小雪
桜井 小雪
飛雄、起きて
影山 飛雄
影山 飛雄
ん、んー、、、、、、小雪、、、はよ
桜井 小雪
桜井 小雪
ん、おはよう、
紅葉 由乃
紅葉 由乃
日向君!起きて!
日向 翔陽
日向 翔陽
わっ!お、、、おはようっ
桜井 小雪
桜井 小雪
耳元で、、、
月島 蛍
月島 蛍
山口も起きました
縁下 力
縁下 力
こっちも、全員起きました
武田一鉄
武田一鉄
はい!皆さんおはようございます!
早速、体育館に入りましょう!
全員
はーい!
澤村 大地
澤村 大地
すまんスガ!音駒と梟谷の主将に挨拶行ってくる。マネージャーを一人貸してくれ
菅原 孝支
菅原 孝支
お!わかった!じゃあ、桜井さん!大地と行ってきてくれる?
私、、、?

まぁいいか
桜井 小雪
桜井 小雪
分かりました
澤村 大地
澤村 大地
着いてきてくれ
桜井 小雪
桜井 小雪
はいっ
ついて行ったのは体育館、入ってすぐの所

黒髪トサカと、灰色っぽい突っ張りの人
やっぱバレー部って、みんな高い