無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

放課後
桜井小雪side

チャイムが鳴る。

終学活も終わって挨拶をしに行く
影山 飛雄
影山 飛雄
小雪!
桜井 小雪
桜井 小雪
あ、飛雄
日向 翔陽
日向 翔陽
紅葉さん!
紅葉 由乃
紅葉 由乃
日向君だ!
月島 蛍
月島 蛍
相変わらず元気だね、君たちの体力がそこをしれないよ
月島が毒を吐きながらこちらに向かってくる
山口くんも、月島を追いかけて来る
山口 忠
山口 忠
まって!ツッキー!
日向 翔陽
日向 翔陽
ん!揃ったな!
紅葉 由乃
紅葉 由乃
あれ?なんか女の子1人他にいるんでしょ??その子は?
日向 翔陽
日向 翔陽
谷地さんね!多分先に清水先輩とドリンク作ってる!
桜井 小雪
桜井 小雪
そう、武田先生でしょ?顧問
山口 忠
山口 忠
そうなんだ!けど烏養って言うコーチもいるんだよ!
月島 蛍
月島 蛍
とりあえず行こうよ、目立ってるし
うん、確かに目立ってる。そりゃそうか、 

月島は毒舌だけど、初対面ではしっかり常識人で、イケメンと言われる部類の顔立ち、何よりも高身長

山口くんも背が高く、優しく、気配り上手で、周りをよく見て変化にも気づく。1部からはモテている

他クラスの友達から聞いた話だけれど

日向は明るく元気で優しい、誰でも仲良くなりやすい。それに一人の子をほっとかないらしく、1部にモテているそうだ

そして私の彼氏、飛雄も勿論の事モテている

由乃もモテてるし、私も自分で言うのもなんだけど、モテる
モブ
モブ
うわぁ、、!美男美女だぁ!
モブ
モブ
桜井さんだ!紅葉さんも居る!
モブ
モブ
声掛けてこいよ〜
鬱陶しいな、邪魔だなぁ
桜井 小雪
桜井 小雪
なn(
影山 飛雄
影山 飛雄
(何か用か?
私が言おうとした事を飛雄が言った。

そして、飛雄が放った言葉と同時に、皆はギロリと、そいつらを睨む

こんな高身長達に睨まれたら一溜りもないね
モブ
モブ
な、なんにもありません!し、失礼します!
日向 翔陽
日向 翔陽
よし!行こうぜ!
紅葉 由乃
紅葉 由乃
うん!
山口 忠
山口 忠
まぁ、みんな人気者だしね
月島 蛍
月島 蛍
山口もでしょ
桜井 小雪
桜井 小雪
うん、1部からモテモテだよ
山口 忠
山口 忠
えぇ?俺?皆ほどじゃないよ
影山 飛雄
影山 飛雄
小雪、大丈夫か?
桜井 小雪
桜井 小雪
うん、飛雄も心配ありがとう
影山 飛雄
影山 飛雄
ああ、いつでも言ってくれ
日向 翔陽
日向 翔陽
ほんっとお前、桜井さんの事になると怖いのな!
影山 飛雄
影山 飛雄
あぁ?
日向 翔陽
日向 翔陽
ひぃっ!悪かったって!
月島 蛍
月島 蛍
単細胞だ
紅葉 由乃
紅葉 由乃
あははははっ!楽しければなんでも良し!
日向 翔陽
日向 翔陽
だな!
山口 忠
山口 忠
みんな元気だね
月島 蛍
月島 蛍
体力お化けだ
日向 翔陽
日向 翔陽
なんだと月島!
紅葉 由乃
紅葉 由乃
ほら!早く行こ!
そうしてみんなで体育館へ