無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5話 帰り道
貴方side

〜校門前〜
あなた
あなた
おーい!
2人とも
莉犬
莉犬
あ!
こっちだよ〜
莉犬くんが手招きする方に私と希美は走っていった。
希美
希美
お待たせしました
るぅと
るぅと
全然いいですよ
じゃあ帰りましょうか
あなた
あなた
うん!
〜帰り道〜
莉犬
莉犬
今年のコンクール曲どう思う?
あなた
あなた
うーん、やっぱりソロが多めだよね
希美
希美
特にフルートとオーボエが多いよね〜
るぅと
るぅと
はい、僕的には嬉しいんですけど…
莉犬
莉犬
俺はマードック好きだしいいんだけど
先輩たちはトランペットのソロが少ないって凹んでたよw
あなた
あなた
まぁ、その気持ちもわからなくはないね
サックスも課題曲でアルトとバリがあるだけだから
希美
希美
でも私としてはみんなが羨ましいよ!
だってファゴットはひとつもソロないもん!!
るぅと
るぅと
まぁ、そう考えたら
ソロがあるだけでありがたいですね!
あなた
あなた
そうだね〜
少し暑くなってきたこの季節に清々しいといえる風が吹くなかそんなたわいのない話をしていた私たちはあることを思いついた。
莉犬
莉犬
ねぇ!今から練習しない?
あなた
あなた
え!練習するってどこで?
莉犬
莉犬
それは…どうしよう?
希美
希美
みんなが良ければだけど私の家くる?
るぅと
るぅと
お泊まりですか?
あなた
あなた
いいね!それなら賛成
莉犬
莉犬
うんうん、楽しそう!
確かに今から練習ってなると夜になっちゃうからねお泊まりしないと危ないよね〜
るぅと
るぅと
考えてなくて言ったんですか?
もう、莉犬ったら!
莉犬
莉犬
ごめん、ごめん
あなた
あなた
でも希美
防音室あるの?
この時間だと普通の部屋で吹くと近所迷惑でしょ
希美
希美
防音室ありますよ
私の家音楽一家なんです
莉犬
莉犬
へぇーそうなんだ
なら尚更だね!
るぅと
るぅと
そうですね!
あなた
あなた
よし!お泊まりしよ〜!
こうして私たちは希美の家で“追加練習”という名のお泊まり会をすることになったのだった。