無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9話 帰り道2
あなたside

コンクールメンバー発表のあった日私は莉犬くん達を誘い一緒に帰ることにした。
希美
希美
3人ともコンクールメンバー入りおめでとう!
あなた
あなた
ありがとう…
希美
希美
そんな遠慮しないで!
莉犬くんもるぅとくんも
私はマーチングメンバーの方に行くけどマーチングも全国目指して頑張るから!
莉犬
莉犬
そうなの
ならいいけど…
るぅと
るぅと
はい…
希美
希美
もう!だから大丈夫だよ!
あなた
あなた
本当だよね…
希美
希美
本当!
このファゴットに誓って言えるよ!
莉犬
莉犬
ぷ、ふふあはは!
何それなんか面白いね
るぅと
るぅと
確かにそれはw
希美
希美
本当だからね!
あなた
あなた
わ、わかったから
そんなに怒らないで希美
希美
希美
ならいいよ!
莉犬
莉犬
でもびっくりしたよ
1年生の俺がソロ奏者になれるなんて
るぅと
るぅと
確かに
ソロは吹きたいけどまさかなれるとは思ってませんでした
希美
希美
私もびっくり
みんなにソロ吹いてほしいっていう希望はあったけどまさかみんな選ばれるなんて思ってなかった
あなた
あなた
え?私は吹くつもりでいたけど
るぅと
るぅと
え、そうなんですか
あなた
あなた
吹くつもりでオーディション受けないと受からないって昔から教えてくれたから…
莉犬
莉犬
教えてくれたって誰が?
そこからさらに話が膨らみながらも私たちはそれぞれの家に帰ったのだった。