無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
27
2021/05/02

第3話

忘れない
私
よぉ
私
会いに来たぞ
私
ん?また来たのかって?
私
悪いな、生憎諦めは悪いもんでね…
私
それより昔の相棒が来たんだ、何か言ったらどうなんだ?
私
まぁ、昔っから頑固なところあったからな、お前
私
許してやるよ、感謝しろよな。
私
……
私
相変わらず個々はお前の場所とは思えないくらい綺麗な所だな
私
本ッ当吐き気がするくらい似合わないよなw
私
あ〜…冗談だよ冗談
私
でもそんな笑えない程つまらなかったかな…
私
そういやぁ、酒を飲めるくらいの歳になったんだ、お前、私と一緒に酒が呑みたいって言ってたろ?
私
ほらこれ、婆様が作ってくれた酒だ、一緒に呑もう
私
んっ…んっ…
私
ぷはぁ…っ
私
初めて呑んだけど意外といけるなこれ…
私
…最近、あそこの街でとある噂が広まってるんだが知ってるか?
私
1人悪い事をした奴を捕まえて夢を見させ成敗させる堕天使と召使いの人間がとある世界にいるらしい
私
変な世の中だよなぁ、でも私は少し興味があるかな
私
面白そうじゃん、そいつ等
私
もしもその世界にまた転生でもしてそいつ等と巡り会えたってんなら、私に教えてくれ。
私
んじゃあ…色々言いたい事言えたしそろそろ帰るわ
立ち上がった瞬間に周りのワスレグサがざわめいた。
私
…大丈夫だ、絶対に忘れねーよ
私はワスレグサを少し摘んだ
私
あ、そうそう婆様が作った酒、縁結びの効果があるらしいから
私
もしかしたらあの世界でも会えるかもな
私
じゃ、また来るわ