無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

焼き肉騒動


木兎「あなたどこ行ってたんだ!?」


あなた「第2体育館見てきてましたすみません」


木兎「そーか!!どうだったか?野と音駒!」


赤葦「木兎さん野です」


木兎「そーーか!烏野!」


あなた「烏野は1年コンビの日向、影山が速攻使ってますが多分日向はレシーブ苦手なので狙って行って良いかと。音駒は守備力が半端じゃないのできちんとコース狙わないとやばそうです。」


木兎「そーーーか!よっしゃ誰だろうと勝ーつ!」


赤葦「…」


あなた「あ、そろそろお昼なので切り上げてくださいね!では!」


木兎「おう!!!」



赤葦「…木兎さん」


木兎「ん?」


赤葦「あなたさん…恐ろしいですね…」


木兎「なんでだ???」


赤葦「見れたとして1セットとかなのにそれぞれの特徴、短所全部把握してきています」


木兎「…おおお!やばいな!!クゥー 負けてられねえ!!」


赤葦「……」


木兎「あかーし?」


赤葦「こんなに優秀なのによりなぜ梟谷に来たのか分からないですね」


木兎「確かに…ムムム 白鳥沢の方がほんのちょっとだけ、ちょっとだけだからな!?うちより強いしな…」


赤葦「まぁ、なにか理由があるんでしょうね」


木兎「そーだな!!よし!飯行くぞー!」


梟谷「おっす!!」





清水「えっと…あなた…ちゃん?」


あなた「はいっ!!(なんだこの女神は…?!)」


清水(か、かわいい…)


清水「あ、マネは昼食べたら時間あって夜ご飯の準備とかするから残っててくれる?」


あなた「了解です!」





日向「うっひょおおおおお!焼肉だぁ!」


影山「お前!フライングすんなっ!!」


菅原「ここでも競ってんのかよーw」


澤村「The、体力底なしって感じだなw」





及川「あなた〜〜〜☆」


あなた「ビクッ 出た…」


及川「聞こえてるよっ!?!?」


岩泉「クソ川はどっか行ってろクソ川」


及川「岩ちゃん!?なんで挟んだの!?」


岩泉「あなた一緒に食べないか?」


あなた「食べましょ!!」


及川「ふんっいいもんね!岩ちゃんにもうトス上げないもんねっベー」


岩泉「…クソっっ川も一緒でいいか?悪い」


あなた「wwwはい」





黒尾「おじょ〜さん」


あなた「あ、黒尾さん。お疲れ様です」


黒尾「一緒食べよーぜ」


あなた「もちろんです!!」


黒尾「研磨も来るかー?」


研磨「え…いい…」


あなた「研磨さんも一緒食べましょ!!(*'∇'*)ワクワク」


研磨「……え…」


黒尾「コソッ こんな顔されて断るわけねえよなぁ?研磨?」


研磨「ウゥ 分かった…」





あなた(えっと、私は野菜取り分け係か。)




ズラッ


あなた「えっと…?」


田中「あなたさんっっ!!野菜を恵んでくださいっ!!」


「おなしゃーーす!!!」


あなた「え、は、はい。一列にお願いします…?」



白福「いやぁあなた大人気だねぇ〜」


雀田「ほんとにw確かに私が男でも惚れるよあれは」



あなた「研磨さん野菜食べてないですね!?はい、トウモロコシです!」


研磨「ビクッ 野菜いらない…」


あなた「肉ばっかりじゃ栄養偏りますよ?」


あなた「ヒョイ しっかり食べて下さい ニコ」


研磨「…分かった」



木兎「あなたー!!肉いるか〜〜??」


あなた「いりますーー!!」



あなた「じゃ、研磨さん、失礼します!」


研磨「うん」



木兎「おお!来たか!何枚食うか??」


あなた「3枚お願いします!」


木兎「意外とあなたって食うよな…」


あなた「ビクッ(いかん…女子らしからぬことをしてしまった…)」



木兎「俺好きだぞ!いっぱい食べるやつ!!!ニシシ」



一同「ブフォッ !?!?!?!?」


赤葦「ぼ、木兎さん何を…」


木兎「ん?何か変なこと言ったか?」



あなた「………っ/////」


あなた「す、すみませんマネの方々と食べてきますっ!!!」



及川「え?あなた行っちゃうのーーー!?」


黒尾「中々やるねぇミミズクヘッド〜?」


木兎「ん?何だお前ら??あっ!肉いただき〜〜!!!」


黒尾「おいこらっ!?!?」



マネちゃんず「……………」


白福「えっと…あなたちゃん〜??」


あなた「ボケー」


雀田「まさかとは思ってたけどまさかねぇ…」


清水「…えっ!そ、そーゆーことなの…?」


谷地「あわわわわわあなたちゃん…///」



あなた「ハッ」


あなた「な、なんですか!?お、お肉食べましょ!?」


雀田「あなたちゃんちなみに今食べたのうちのトマトだよ」


あなた「うえっ”!?す、すみませんっっっっ!!!!」


雀田「wwいいよいいよ」



雀田「それじゃぁ…」



マネちゃんず「詳しく聞かせてもらおうかな?」