無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

再会

「サッカー部どうですかーー!!」

「天文学部是非っ!!!」




モブ「ちっす、バスケ部マネやらないっすか??」


あなた「すみません、入りたいの決めてるんで」


モブ「そうっすかぁ」




入りたい部活なんてとっくに決めている。そのために梟谷学園選んだんだし!

高鳴る胸を抑えながら、やっとの思いでたどり着いた第2体育館。

この扉の向こうにあの人・・・がいる…!

私が一目惚れした人

勇敢で

力強くて

元気が有り余ってて…


って思ったんだけど。






??「(~_~;)   赤葦…今日はもう俺にトス上げんなっっ!!!!」







マネ志望の子は私を含め3人、でも2人とも見学途中で帰っちゃったから一人ポツンと端っこで見ていた


?「マネ志望!?この椅子に座ってな〜!」


あなた「あ、ありがとうございます!」


雀田「うち三年の雀田かおり!んでこっちが」


白福「白福雪絵。三年だよ〜 アムアム」


雀田「おにぎり今食うなし!」


雀田「ハッ ごめんね、w」


あなた「いえ!お構いなく…」


あなた「あ、あの…」




あなた「あそこでしょぼんってしてる変な頭の人って、なんていうお名前なんですか?」


雀田「あーあれ?木兎光太郎!ああ見えて一応三年、キャプテンなんだよw」


あなた「木兎…光太郎…」


白福「…えっ?そーゆー感じ!?」


あなた「えっあっ違いますっ!!ただあのなんかその目立ってたので!!」


雀田、白福「ニヤリ へぇぇ?」






雀田「はいっ!というわけで今日からマネに入ってもらう牛島さんです」


あなた「…ハッ はじめまして、1年1組牛島あなたです。バレーの知識は少しだけあります。よろしくおねがいします!」


梟谷「しゃーーーす!!」



木兎「…んっっ!?!?牛島ってまさか牛若の妹か!!??」


あなた「あ、まぁ、はい」


木兎「ぬぁぁにぃぃ!?」


赤葦「木兎さん落ち着いて下さい。」


木兎「だって赤葦…あの牛若の妹が…」


赤葦「確かに戦術など白鳥沢に知られたくなi」



木兎「白鳥沢と練習し放題だなっっ!!燃えるぜヘイヘイヘーイ!!!」


赤葦「…ハァ そうですね」



雀田「あーごめんね?木兎ってこんなやつなのよ。」


あなた「いえ、なんかいつも兄の影響でスパイ扱いされてたので嬉しいです」


雀田「それなら良かった〜」



白福「じゃぁ練習始まるからドリンク行くよー」


あなた「はいっ!」



あなた「お疲れ様です、ドリンクです!」


鷲尾「ありがとう」



?「あなたちゃんっ」


あなた「!?」


木葉「ドリンクほしい」


あなた「は、はいっ!お疲れ様です!」


木葉「ありがと〜 あなたちゃんすごい可愛いよね〜」


あなた「…え。あ、え、ありがとうございます…?」



すんごい距離縮めるの早いな…うぅ、苦手だ…



あと渡してないのは…


赤葦さんと木兎さんか