無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

初日は


あなた「自主練中すみません、ドリンクです」


木兎「おうっ!サンキュー!!!」


赤葦「ありがとうございます」


あなた「?なんで敬語なんですか、私のほうが年下なのに…?」


赤葦「…確かになんででしょうか」


木兎「確かに!!赤葦いつでも敬語だなぁ!」



この人は語尾に"!"しか付けれない生物なのか…?



あなた「なんか敬語だとこっちまで緊張するので…」


赤葦「…じゃあタメで話すね」


あなた「パァァ はいっ!!!」


赤葦「う、うん…//」


木兎「ん?赤葦顔赤いぞ?熱か?」



あ、"?"もつけられるんだ(←)



赤葦「何がですか?大丈夫です」


木兎「そうか!!なぁもっかいトス上げてくれ!」


赤葦「…まだやるんですか」





梟谷「お疲れっした!!!」




雀田「どうだったー?初日は」


あなた「すっごく楽しかったです!」


雀田「そーかそーかそりゃ良かった!」


白福「あなたちゃん可愛い〜」


あなた「え?!なんですか急に…!?」


白福「いやぁ、眼福だねぇ」


雀田「分かるよ、うん。」


あなた「えぇ…雀田さんと白福さんの方が何倍もかわいいです!」


雀田「なはははは 美女に言われちゃあ嬉しいわな!!」


白福「ラーメン屋寄ろ」


雀田「おいっっ!!!」






あなた「ただいま〜」


若利「おう、おかえり。そういえば及川から"烏野にすごい1年が入った"って聞いたのだがなにか知っているか?」


あなた「烏野…?何年か前までは有名だったけど今は知らないなぁ…」


あなた「あ、でも知り合いいるから聞いてみる!」


若利「すまない、頼む」



_____、久しぶりに連絡するなぁ







あなた

久しぶり!突然ゴメンなんだけど、1年にすごいの入ったってほんと!?

夕!!!!!!!
夕!!!!!!!
あなた!!久々だなっ!!

(作成上ここではノヤっさんも旭さんも日向達が入った頃からいたことにします)
夕!!!!!!!
夕!!!!!!!
そうなんだよ日向と影山ってやつなんだけどよ、もうビュンって感じでとにかくやべぇの!!!
あ、忘れてた。この人西谷説明能力ないんだったぁぁぁ
あなた

そうなんだ!ありがとう!

夕!!!!!!!
夕!!!!!!!
おうっ!!あなたは白鳥沢バレー部のマネか??
あなた

ううん、梟谷でマネやってる!

夕!!!!!!!
夕!!!!!!!
そうなのか!!!!いつか練習試合とかやろうな!
あなた

うん!もちろん!!

夕!!!!!!!
夕!!!!!!!
じゃあな!!
あなた

ばいばい👋



あなた「なんか日向って人と影山って人が入ったらしいよ」


若利「日向…影山………」


あなた「知り合い?」


若利「…いや、知らない」


あなた「知らないんかい!」


若利「誰だろうと全力で叩き潰す」


あなた「まだ試合あるわけじゃないんだからロックオンしないでよ」


若利「ロックオン…?すまない」



あなた「あ!!明日朝練なんだった!!!!」


若利「俺もだ」


あなた「え!?そうなの!?先言ってよ!!!」


若利「すまな」


あなた「別に謝んなくていいから!!!」


若利「…分かった」