無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ちょっかい


コーチ「突然だが今週末音駒、青城、烏野、梟谷で合同合宿を行うことになった。詳しいことはまた追って話すが準備しておくように。」


梟谷「おっす!!!」



木兎「合同合宿なんて久しぶりだな!!ぜったいに全部勝ーーつ!!」


赤葦「全部勝つなんて無理だと思いますよ」


木兎「赤葦たまには乗ってきて!」



あなた(烏野か…日向と影山っていう二人も参加するのかな…?)



あなた(てか…青城ってことは……)






合宿当日



?「あなた〜やっほ〜」


あなた「ビクッ」


及川「久しぶり〜及川さんだよっ☆」


あなた「お、久しぶりです…」


岩泉「クソ川あなた困らせんな」


及川「元気してた〜?」


あなた(まぁキャプテンだしそりゃ参加してるよな…)



あなた「距離近いです離れて下さい(元気です、及川さんも元気ですか?)」


及川「あなた!?心の声と口に出てるの逆だよ!?及川さん泣いちゃう…」


岩泉「あなたよくやった」


あなた「えへへ 岩泉さんもお元気でしたか?」


岩泉「お、おう//」


及川「…岩ちゃんばっかずるい!!!」


岩泉「っるせぇ!日頃の行いだ!!」


あなた「…?」




田中「おい見ろノヤっさん…梟谷にマネちゃんが増えているぞ…」


西谷「お!!あなただ!あなたーー!!」


田中「え?ノヤっさん!?」



あなた「あ!夕!!」


西谷「久しぶりだな!!元気だったか!」


あなた「元気だy」


田中「始めまして烏野2年、田中龍之介だ」


あなた「あ、始めまして、梟谷マネの牛島あなたです」



田中「コソッ ノヤっさんなんでこんな美女と知り合いなんだよ!?」


西谷「フッ 幼き頃からの付き合いってもんよ…」


田中「ノヤっさん…かっけえぜ!!!」



( 一 一)


田中、西谷「ビクッ」


及川、岩泉「ジトー」


田中「なんだこの優o」


ガシッ


澤村「2人とも合宿中喧嘩ふっかけないようにって……言ったよね?」


田中、西谷「ビクゥッッッ」


田中「イワレマシタスミマセン」


澤村「どうもうちのがすみませんでした」


あなた「いえ、全然大丈夫です!」


西谷「あなたまた後でな!」


あなた「うん、またね〜」



及川「はぁ、単細胞って感じだねぇぇ」


及川「それよりあなた、今日青城のマネやってよ!梟谷他にもいるからいいじゃんーー」


あなた「えぇぇ…チラ」


岩泉「っ…んん、俺もあなたがいてくれたら頑張れるな」


あなた「えええ岩泉さんまで!?」


あなた「いやでも私梟谷ですし…青城あんま分かんないし…」


及川「そんなことないじゃん!国見ちゃんとか金田一とかもいるよ?」


あなた「うぅ…じゃa」



?「何言ってんの」


あなた「!?」


赤葦「あなたさんは梟谷のマネなんだからダメに決まってるでしょ」


あなた「赤葦さん!聞いてたんですか」


赤葦「いつも自主練の時間にはいるのにいなかったから探しに来たんだよ」


あなた「え、もうそんな時間!?」


赤葦「雀田さんたちがドリンクやってたよ」


あなた「ぬぁ!?やばい!岩泉さんたち失礼しますまた後で!」




及川「…"岩泉さんたち"って…なんで及川さんじゃないのさぁ!!!」


岩泉「…フッ」


及川「この野郎!」


赤葦「あの」


及川、岩泉「ピタ」


赤葦「あなたさんはうちのマネです。ちょっかい出さないで下さい。」


及川「…ふぅん 君は冷静そうなタイプだと思ってたけど案外熱くなりやすいんだね」


赤葦「…?」


及川「まぁいいや ちょっかい出すのはやめませんーベー」


岩泉「大人げないことすんなクソ川」


及川「岩ちゃん!?」


赤葦「…失礼します」




及川「ボソッ 案外敵が多そうだねぇ…」