無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

家庭科 with岡﨑
作者
作者
この前の投票の結果です!
なにわ男子が多かったので
なにわ男子描きます!
是非見てください♡(多分出すのはまだまだ先です笑 出したらまた宣伝するんで是非!
あなたside




今は家庭科の時間。




私はこの時間が一番好きだったりする









___君が苦手な家庭科だから









この時間は君に近づける唯一の時間




君は人気者だから






私なんかじゃなかなか喋れない。





だからね、







家庭科の時間だけは特別なんだ_____











毎回





岡﨑「あなたちゃん!ここどーすればいいの…?」




『岡﨑くん、それ先週も教えたよね?』





岡﨑「ごめんなさい、忘れました」





『頑張って覚えてください』






岡﨑「…はーい」






『ここは、ここに針を通して_____』
こんな普通じゃたわいもない会話が







君だから特別で。











先生「そろそろ席飽きたかもだし、席替えしよっか」





いえーいなんて声も聞こえるけど





私はあの時間を奪われた





君とはもう話せないかな?
















もう全然話せてない2週間






同じクラスなのに話せない。








寂しい…







「あなたちゃん!!!」







『岡﨑くん!?』




『どしたの?なんか分からないとこでも…』






岡﨑「席替えしてからさ、全然話せてないやん?」




『え、うん』




岡﨑「俺、結構焦ってる、さみし…」





『え、?』





岡﨑「え、っと、好きです、俺と付き合ってくれませんか……」






『…はい、お願いします!』












もう家庭科の時間なんていらない





作者
作者
彪太郎好き。大好き。
キャラ崩壊させてたら
ごめんなああああ((