無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ジャニオタと with道枝
道枝side



俺には付き合って2年目の彼女がおる




一応さ?
付き合う前から知っとったで?








あなたがジャニオタなことなんて。





そして今はお家デートです。




あなたの家です。




「りゅちぇやばい可愛い」



「やばい幸せ。なにこれ。やばい。」




…俺の彼女は流星くん担で、



お家デートしたら絶対こーなります。





俺もなにわ男子やねんけど!!



『あなた、俺もなにわ男子。』



あなた「知るか、私流星担」




『俺もかっこいいで。』



あなた「どうしたん。きもいで。」




『ナルシストになってみた』



あなた「それ許されるの恭平だけやから」



あなた「やっぱかっこいいし可愛い流星🥰」





…分かるよね?




嫉妬しますよ。知りませんよあなたさん。





『あなた』




あなた「なんでしょー」




『貴方の彼氏は誰でーすか』




あなた「今をときめく道枝さんです」




『あなたの推しは誰ですか』





あなた「最近18歳になった愛を大西から届けてくれる子です。」




『彼氏俺やん。』



『そこは推しも俺やろ。』





あなた「彼氏と推しは別なんです」




『俺の前で』




あなた「え?」




『俺の前で他の男の話禁止。』




『それが例え推しでも流星くんでも。』





あなた「え、?」




『嫉妬するから。』




あなた「駿佑くん嫉妬してたのね。」




『ガキ扱いやめろ』




あなた「大丈夫やで」




『え?』




あなた「うちは駿佑大好きやから」




あなた「うちの彼氏は一生道枝駿佑だけ」




『照れるからやめろ』




あなた「嫉妬してたからやろ」




『うっさい』







実はめっちゃ顔赤なってたあなたに

気づいてたなんて言わない(笑)
作者
作者
@かなリン さんのリクエスト〜
下手でごめんなさい💦
よければ感想欲しいです🥰