無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

嫉妬 with大西風雅
風雅side



絶対あなたなんか言われてるやん



まじあのぶりっ子きもい。



俺のあなたに近づくなよ…((




あなたside




何がなんでも別れさすって言われた



そのせいかあの子は
いつもより風雅にべたべた
「風雅くーん♡」


風雅「何。」


「遊ぼよ♡」


風雅「嫌。」


「なんで漢字一文字で答えるのぉ?」


風雅「黙れ。」


「あ、漢字一文字じゃなくなった!!」


風雅「ほんま鬱陶しい」


「ツンデレだぁ⸜❤︎⸝‍」


風雅「…」
ボディタッチとか増えたし、



風雅は無視してるけど、



ずっと2人は一緒におる

(いや着いてくんねんby風雅




それが、寂しい。なんて




直接言える性格だったら良かったのになあ






風雅「あなた!」



「待って風雅くん!」


風雅「(無視)」


『何』


風雅「最近話してないなって」


『風雅ずっとあの子といるもんね』


風雅「ちゃうて、着いてくるねん」


『…別にいいよ。2人でいれば』


風雅「なんでそんなん言うん」


『…別に。』


風雅「なああなた」


『…』


風雅「あなた!!」


『…』


風雅「なんで泣いてるん…?」


『別に、泣いてないし。』


風雅「俺が最近あの女に付け回されてるから?」


『…』


風雅「待ってて。すぐ戻るから。」









風雅「なあ」


「あ、風雅くん!あれ?何気風雅くんから
話しかけてくれるの初じゃない?♡」


風雅「そんなんどーでもいい」


「あれ?あなたちゃんは?
もしかして置いてきてまで私と?♡♡」



風雅「もう二度と俺らに関わんな」


「え、?」


風雅「ほんまに俺お前嫌いやねん」


「…あなたに何か言われたでしょ」



風雅「そんなんちゃう」


「じゃあなんで。急すぎる。ありえない」


風雅「俺が彼女を不安にさせるようなことしたくないだけ。」



「やっぱあなたなんじゃん」



風雅「ほんまお前本性ダダ漏れやからな」


「え?」


風雅「あなたを傷付けるやつとか
俺殺してもゆるさんから。」




『ちょ、風雅!怖いって』


風雅「まあそういう事。」


風雅「次話しかけてきたら…分かってるよな」


『風雅?』


風雅「俺はこいつしかいらんから。」


あなたを抱き寄せて去る




『風雅…?』


風雅「不安にさせて、ごめん」


『大丈夫やから、な?』



風雅「ほんまあの女キモすぎる」


『口悪いですよ〜?』



風雅「いつもの事やろ。」



『…やね』






"俺はこいつしかいらんから"


その言葉が嬉しすぎて嫉妬なんて忘れてた


私だって"風雅しかいらない"
作者
作者
…風雅キャラ壊れてね?


リクエスト…ぷりーず…(瀕死