無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

隣の席 with正門
あなたside



『おはよ〜』

毎朝一緒に高校に行く。


正門「おはよう、笑」


『何笑ってんねん‪w』


正門「元気やなあて笑笑」



『うっさいバカ‪w』



変わらないこの関係に


安心するところもあったり、


せっかく告ったのに…っていう気持ちも



あったりした
正門「なああなた、」


『何?』


正門「ん、やっぱなんもない笑」





授業中



隣の席の良規は




寝てる私のことをちょいちょい起こしてくる




本を読んでても、



その本ってさ、、ってネタバレしかけたり




スマホ隠れていじってたら




スタ連してきたり。




変わらない関係、


こっちは好きなのに、

ちょっとまだチャンスあるんじゃとか



思ってまうことしてくるから










辛い