無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

体育祭 with西畑
作者
作者
今回は付き合ってるVer.
これは友達カップルのお話
ではどうぞ!
西畑side


今日は体育祭



紅白に別れて戦うやつ笑




おれあなたとチーム離れてん




あいつ運動神経いいから怖いわぁ





あなたside




今年は西畑とチーム分かれた笑



去年一緒やって



最強やったのになあ←



「あなた!」


あ、来た


『何?大吾』


大吾「今年は離れたなあ」



『うちらくじ運悪いなあ』


体育祭のチームは男女別に


くじ引きで決まる、



たまに凄い運動能力の差がでる



西畑「手加減、せーへんからな」


『怖い怖い』


西畑「見てて」


『、?』



急に立ち上がってどっか行った←


あ、そっか次200やん。



あいつ、出るんやったな…








大吾、頑張れ!










え、待って言うてもうた




敵チームに応援とかやばいやつやん



うちら付き合ってるの隠してるのに
ぐわって走ってく大吾みて




思わず応援してしまった←



走り終わって大吾が来た
大吾「もう、なんで応援してるん笑」


『なんか、間違えた爆笑』


大吾「ほんま馬鹿やなあ」


『うるさい』


大吾「俺、ちゃんと1位やったで?」



『はいはい、おめでと』


大吾「てことで今度デートな」



『うん…っては、?』


大吾「ずっと言おう思ってて言われへんかってんもん笑」



『あほ…』


大吾「しゃあないやん笑」



『別に一位じゃなくてもデートくらいする』



大吾「つんでれ」



『黙れ』



大吾がかっこよすぎてめっちゃ照れたなんて一生言わない
作者
作者
いいなあ青春や