無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

隣の席 with正門
正門side



あなたには言うてなかった、




ゆいに告られてオッケーしたこと。





なんでって聞かれてもわからん






でも、告白されてから





あなたって俺の事好きなんやなって





思うようになってしまって







言いづらかった、なんとなく、。







あなたside





あれからあんなに仲良かった私達は






全然話さなくなり





隣の席だったのも





席替えで終わった






このハッピーエンドでもなんでもない





ただの切なくて悲しく寂しい話は





たった一カ月の"隣の席"
作者
作者
歴代一番長かった笑
これは実話です、私の。
思い出して泣きそうになった笑
良くんリアコすぎる…🤦‍♀️