無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

隣の席 with正門
あなたside




〜放課後〜





『なあ良規』




「何?」




『今日さ、聞いた話やねんけど』





「うん」




『…』



「どしたん?言いづらいこと?」




『え、っと』



「落ち着いて?話聞くから」




『うん、』




『あのな、良規』



「うん」





『ゆいと、付き合ってるん?』




「なんで?笑」




『今日、ちょっと友達から聞いてん』




「…」





『なんで教えてくれへんかったん、?』





「えっと、うん、ごめん」






『うちってそんな信用なかった?』




「いや、ちがう」




『もういいよ、やめよ、』
















この話を終わらせたのは私。






理由を知りたかったのに





怖くて逃げたのも、私。