無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4.
リョウガ
じゃあ、食べるか!
みんな
いただきまーす
ユーキ
なあ、なんてこいつも一緒なんだよ
カイ
いーじゃんいーじゃん!人数多い方が楽しいし、いつも同じ面子なんだから、たまには女子がいてもいいんじゃない?
リョウガ
そうそう!その通り!
ユースケ
僕もいいと思います!
タカシ
僕もです!
タクヤ
俺もいいと思う。
ユーキ
マジかよ…
………
リョウガ
気にしないで気にしないでwいつもこんなんだからw
あ、うん
ユースケ
あ!そーだ!これも何かの縁ですし、あなた先輩も、僕達と友達になってくださいよ!
え、わ、私が!?
カイ
おーいいじゃんいいじゃんユースケ!
ユースケ
ですよね!
カイ
俺さんせー!
リョウガ
俺も俺も〜
タクヤ
まあ、いいんじゃね?
タカシ
僕も賛成です!
リョウガ
はーいじゃあ決定!あなたちゃんは、今日から俺らの友達〜(*^^*)
い、いぇーい…
カイ
あっ、そーだ、あなたちゃん部活何入ってんの?
軽音部だよ
カイ
おー!何担当?
ボーカル
カイ
おーセンターじゃん!
まあ、一応そうかな
カイ
今日見に行っていい?
え、あ、別に構わないけど…
カイ
じゃあ、行こうぜ!みんなで!
ユーキ
なんでみんな乗り気なんだよ
タクヤ
まあまあまあ、仲良くしよーぜ?
ユーキ
………
キーンコーンカーンコーン
あ、昼休み終わった
カイ
じゃあ、放課後!あ、練習場所って、校庭でしょ?
あ、うん
カイ
OK!
ユースケ
また後で!
リョウガ
ばいばーい
タクヤ
(軽く手を振る)
タカシ
楽しみにしてますね!