無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

18.
タクヤ
んじゃー帰ろっか
リョウガ
だな
駅へ向かう
クラスの女子
あの〜
なんですか?
クラスの女子
スターダストプロモーションと申します
はい
マネージャー
もし良ければなんですけど、皆さんスターダストプロモーションに所属して頂けませんか?
リョウガ
…はい?
マネージャー
タクヤさんと仲のいいお友達が「美男美女すぎる!」と、聞きましたので…
ユーキ
え、タクヤ知り合い!?
タクヤ
俺所属してる事務所だからねw
カイ
マジで!?
ユースケ
嘘!?
タクヤ
マジだからw
っていうか、みんなこの人の話聞いてた?
「美男美女すぎる!」だって
ユーキ
いやいやいやいやないないないない
マネージャー
無くないんですって!
社長も言ってましたし!
タクヤ
社長が!?
マネージャー
はい!
とりあえず行くだけ行ってみる?
ユーキ
んな!行ってみるか!
リョウガ
そーする?w
ユースケ
行きたい!
タカシ
俺も!
カイ
じゃあ、とりあえず今日は遅いんで、明日辺りそちらに伺うという感じで大丈夫ですか?
マネージャー
はい!では、ここにお電話お願いします!
名刺を渡される
分かりました!ありがとうございます!