無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

37
屋上にて
姫星ちゃん
それにしても凄いよね〜
あなた

なにがー?

姫星ちゃん
いやー、ある日突然ポーンッって現れていきなりオリコントップまでいってさ、
未来ちゃん
それな
尊敬だわw
あたし初めて見た時、同じ事務所でもまさか友達になるなんて思ってなかったよw
花梨菜ちゃん
ってか、そもそもスタ学に転校してくるなんて思ってなかったわww
未来ちゃん
それ!!w
あなた

なんか、私褒められてる?www

姫星ちゃん
褒められてますガッツリw
あなた

うぇーいww

ガチャッ

(足音)
花梨菜ちゃん
屋上に人来るとか珍し
姫星ちゃん
誰かなー
未来ちゃん
知らーん
あなた

まあ、食べよ〜

ユーキ
あっ!あなたじゃん!!
あなた

……なんで居んの!?

カイ
いやこっちのセリフだわww
ユースケ
僕達抜きでお昼とか酷いぞ〜ヾ(๑`Д´๑)ノ
あなた

…………ひゅーひゅー(口笛)

ユースケ
無視するなぁー!
あなた

ごめんてぇー

ユースケ
ゆるーす!
タクヤ
はぇーよw
みんな
www
未来ちゃん
あっ!そーだ!
せっかくだしみんなで食べない?
タカシ
え、いいんですか!?
未来ちゃん
もっち〜(◍´꒳`)b
タカシ
(ガッツポーズ)
カイ
お前何ガッツポーズしてんのw
タカシ
い、いや、なんでも!
カイ
そw
ユースケ
早く食べよーよー
ユーキ
腹減った〜
って、リョウガ大丈夫か!?
タクヤ
ちょ、おま、顔真っ白じゃんか大丈夫か!?
あなた

(こちょこちょこちょ)

リョウガ
あっwちょっw
あなた

現実世界へおかえりw

カイ
日本語変じゃね?w
あなた

きのせーきのせー

カイ
そw
姫星ちゃん
いいねぇ、仲良さそうだねぇ
花梨菜ちゃん
いやそれな
あなた

そう?ww

未来ちゃん
めっちゃ微笑ましいよww
あなた

笑笑

まあ、そんなこんなで昼休み終わりました
(終わらせ方がわからなくなったから無理矢理w)