無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5.
放課後がやってきた。
じゃあ、今日通してやるよ〜
部員のみんな
はい!
通し練習か始まった。
リョウガ
おっ、やってるねぇ
タカシ
先輩カッコイイ…!
ユースケ
すっげぇ…
カイ
上手いな〜
タクヤ
すげぇなこいつ
ユーキ
……
(結局ユーキ来てるし)
カイ
すごい!上手いじゃん!
リョウガ
プロだプロ
ユースケ
すごいです!
タカシ
(目キラキラ)
タクヤ
すげぇな何気に((ボソッ
5回くらい練習して、終わらせることにした。
はーい、じゃあ今日は終わりにしよう!
部員のみんな
お疲れ様でした!
楽器を片付けていると、
リョウガ
凄いじゃん!
あの6人組がよってきた。
あ、りがとう
カイ
っていうか、あなたちゃん笑顔可愛いじゃん
そ、そう?
少し口角が上がった。
タクヤ
ちょっとニヤついたなw
ニヤついてない!
タクヤ
ニヤついてただろw
カイ
まあまあまあ笑
リョウガ
あ、そーだ、あなたちゃん土曜日暇?
めっちゃ暇
リョウガ
ちょーどいい、俺らと遊ぼう!
え、いやどこで
リョウガ
どーする?とりあえず遊園地?笑
ユースケ
僕行きたいです!
タカシ
僕も行きたいです!
カイ
俺も俺もー
タクヤ
俺も久々に行きたいわ
リョウガ
はいじゃー決定!場所は?
ユースケ
んー、としまえんとかどうですか?
カイ
俺ドームシティー行きてぇ
ユースケ
あ、僕も行きたいかもです!
リョウガ
じゃあ、ドームシティーでいい?
リョウガ
ユーキは?
ユーキ
……
タクヤ
強制参加なー
ユーキ
は?マジで言ってんの?
タクヤ
マジで言ってる
リョウガ
来なかったら家行くわ
ユーキ
おいおい嘘だろ…
リョウガ
ガチだよ〜