無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

26.
教室に戻り
ねぇ
クラスの女子
……
あなたの好きな6人が呼んでるんだが無視するなら知らないわ(^o^)
クラスの女子
えっ!?
放課後美術室
クラスの女子
え?
に来いと。
クラスの女子
わかった…!
放課後

その女子と美術室に向かう
連れてきたよ〜
ユーキ
ありがと
カイ
単刀直入に聞くけど、君があなたの右頬を叩いたんだね?
クラスの女子
え、何言ってんの?笑あなたの作り話だよ?笑
タクヤ
お前の方が何言ってんの?コイツそんなくだらない嘘つかねぇーから
リョウガ
つーか俺ら見てたし?お前があなたに愚痴ってたの
ユースケ
あきらかにあなた先輩悪くないですよね?
クラスの女子
っていうか、私があなたの右頬を叩いたっていう証拠は??
ユーキ
あなたの右頬赤くなってんの見えないの?
クラスの女子
……
タカシ
もう認めたらどうですか?
クラスの女子
…………私がやりました…。
カイ
もう絶対にあなたに近づくな
クラスの女子
はい…ごめんなさい
まあ、こんな感じで収まりました(雑)