無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1.
はぁ…
瑞希
なになにどうした。何があった。
いやぁ…さ?
瑞希
うん
朝から人身事故で電車遅れるわ、お弁当忘れるわ、英語の小テストの存在忘れてるわ、ついて無さすぎて泣きたい…。
瑞希
あらま、それは災難だったねぇ
「私関係ありませんね」みたいな反応すな
瑞希
だって関係ないし
ひっどw
瑞希
笑笑
今日も朝から廊下をダラダラ歩きながら親友の瑞希と話していた。
すると…
ドンッ
あっ、ごめん
ユーキ
いった。ちゃんと前見て歩けよ。
だからごめんって言ってる
ユーキ
お前何組?
3-Aだけど
ユーキ
名前は?
あなた
カイ
なーに朝からイライラしてんの
ユーキ
はよ。
カイ
質問の返事をしなさいよ笑
ユーキ
あー、あなた?っつー奴がダラッダラ歩いてるから肩当たったんだよ。
タクヤ
そんなんですぐ怒んなよちっちぇーな。
ユーキ
お前もすぐ怒んだろ。
ユースケ
せんぱーい!どうしたんですか?
ユーキ
んあ?なんでもねぇよ。
ユースケ
そうですか!失礼します!
リョウガ
なーに喧嘩してんの。ホームルーム始まんぞ。
ユーキ
どうでもいいわ。
リョウガ
よくねぇ。ほら行くぞ。
ユーキ
後で行く。
リョウガ
ちゃんと来いよ。
ユーキ
わかったわかった
……
ユーキ
お前、気をつけろよ。
いや、謝ってるから
今出てきた5人組は、まぁ、いわゆるヤンキー集団みたいな?感じの人たち。
絡まれると、結構厄介。
(タカシは後で出てきます)