無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

7.
近くの駅から電車に乗り、ドームシティーに着いた。
ユースケ
着いたぁぁぁぁ!
カイ
ジェットコースター乗ろーぜ!
タカシ
いいですね!乗りたいです!
リョウガ
じゃあ、フリーパス買ったらジェットコースター行くか!
OK〜
タクヤ
ん。
ユースケ
了解です!
タカシ
了解です!
フリーパスを買い、ジェットコースターの列に並んだ。
カイ
じゃあ、ペア決めよっか!
リョウガ
どーする?ジャンケン?
ジャンケンでいいでしょ
リョウガ
OK〜
別れましょ!
リョウガ
別れましょ!
じゃんけんの結果
ユーキ&カイ
リョウガ&タカシ
あなた&タクヤ
ユースケ
というペア(順番)になった。

スタッフ
扉開きまーす
身につけているものを全てロッカーに入れてから席につき、シートベルトだけ付けてお待ちください。
みんな
はーい
スタッフ
安全バー下げますね〜
みんな
ありがとうございまーす
そろそろ動くよね、あーやばい死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ
タクヤ
うるせぇw
だって怖いじゃん!
リョウガ
それねw
だよねぇ!?
カイ
落ち着けーw
ユースケ
先輩ファイト!
タカシ
僕も怖いです…泣
リョウガ
泣くな泣くなw
スタッフ
みなさーん!こんにちは!
サンダードルフィンへようこそ!
スタッフ
サンダードルフィンは、激しく急上昇、急降下するジェットコースターです!
最高ビル80回の高さから落下します!
そのハラハラ感をお楽しみください!
スタッフ
では、行ってらっしゃーい!
上へ上へ登っていく
いやぁぁぁぁぁ!
タクヤ
早w
リョウガ
まだだなww
いやぁぁぁしーぬーぅぅぅぁぁぁぁぁ!
カイ
黙れ黙れww
頂上につき、一気に落下した
……(ガチッ)
タクヤ
wwww
リョウガ
待ってあなた固まった?ww
カイ
まじかよw
タカシ
(涙目)
ユースケ
大丈夫かタカシ!笑
うーわーぁぁぁぁぁぁぁぁぁ泣
ユーキ
(うるせぇな)
なんでみんな平気なのぉぉぉぉぉおおおおぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
タクヤ
うるせぇってw
ゴールに着いた。
………泣
カイ
おいおい大丈夫かw
大丈夫じゃないです泣
リョウガ
マジかそんなにw
そんなに泣
ユースケ
大丈夫ですか先輩!
大丈夫じゃないよユースケ泣
タクヤ
待ってタカシ死んでるw
タカシ
………………
た、タカシくんだいじょぶ((ハアハア
リョウガ
息きれてるw
カイ
とりあえず戻ろうかw
うん…((ハアハア