無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

31.
屋上に向かう
ガチャッ
お待たせ…
ユーキ
おーきたきた
って、あなた泣いてんじゃんどうしたの?
いや、今日で親友と離れちゃうんだなって考えるとちょっとかなしくなっちゃって…
ユーキ
そっかそっか
小学校の時からずっと仲良い親友居るって言ってたもんね
うん…
でもね、その親友がね、
「あっち行っても連絡してね?会いたくなったらいつでも会いに行くよ!」って言ってくれたの
ユーキ
そっかそっか
でね、
「LIVEとかある時は頑張ってチケット取るし、ファンクラブ出来たら真っ先に入る」って…
ユーキ
そっかそっか
ユーキ
(ヨシヨシ)
ついに泣き出してしまった
(号泣)
ユーキ
その親友の為にも、自分の為にも、あっちで頑張ろ?いつかもっとでっかくなって、親友喜ばせよ?
うん…ありがとねユーキ…(ニコッ)
ユーキ
うん!
ご飯食べよっか?
うん