無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

11.
LINEにて
よろしくね(*^^*)
カイ
よろしく!
リョウガ
よろ〜
ユーキ
よろしく〜
タクヤ
よろ
ユースケ
お願いします!
タカシ
よろしくです!
みんな私のLINE追加していいからね!
カイ
はーい
リョウガ
了解〜
ユースケ
OKです!
タカシ
了解しました!
タクヤ
追加すんね〜
ユーキ
追加するよ〜
はーい☺︎
タクヤ
っていうか、俺ら今一緒にいるじゃんwLINEじゃなくて喋れるよね笑
ユーキ
確かに!mmm
リョウガ
ユーキさん、「mmm」とは?ww
ユーキ
あ、違うw「www」ねw
カイ
いきなり誤字んな〜笑
かわい笑
タカシ
ですね!笑
ユースケ
かわいい( ´,,•ω•,,`)♡
(先輩すみません)
ねーねー、ずっと言いたかったんだけどさ、ユースケもタカシも敬語じゃなくていいよ?笑
ユースケ
えっ!?いいんですか!?
タカシ
先輩だから敬語じゃないと…
カイ
大丈夫大丈夫!俺ら気にしないし!笑
ユーキ
タメの方が親しみやすくていいじゃん!
リョウガ
それ!
タクヤ
気使わなくていいから、タメでいいよ
ユースケ
やったー\( ´˘`)/
タカシ
じゃあ、タメで話します!
いきなり敬語ねw
タカシ
あっ、www
タクヤ
っていうか、さっきも言ったけど、俺ら今一緒にいるよなw
ユースケ
確かに!LINEやめよ笑
だねw