第6話

苦言
もう…なんなの?
言ってることほとんど嘘だなんて…
じゃあ全部、嘘でいいんだ?
凛
…この大嘘つき…!
私は、泣いた。
あいにく、家には誰もいないし。
自我を捨てて、泣きじゃくった。
やっぱ、嘘だったんだ
一緒にいて楽しいだとか、ありがとうだとか、
嫌いじゃないだとか…
なんで嘘言うの…?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
………朝…?
部屋が暗くて、よくわからない。
眠い目を擦り、ぼやける視界の中で見つけた部屋の窓のカーテンを開ける。
外は真っ暗で、スマホで時間を確認する。
時刻は、午前3時30分を指していた。
とりあえず、制服のままで寝ちゃったので、シャワーを浴びることにする。
シャワーを浴びた後、髪を乾かそうとドライヤーを手にし、鏡を見た。
凛
…えっ…
鏡に映った自分は、目が真っ赤に充血していて、瞼も腫れていて、酷いぐらいに隈ができていた。
凛
……泣きすぎた…?
ともかく、こんなんじゃ明日は学校に行けないな…
もう一度、寝れる分は寝とかないと。と、ベッドに入ったが、朝まで眠れることはなかった。
仕方ない…仮病使うか
凛〜起きな〜
凛
今日…休んでいい?
なんで?調子悪いの?
凛
うん…ちょっと頭痛くて声も枯れてて…風邪ひいたかな…
大丈夫?じゃあとりあえず学校に連絡しとくね?
凛
うん…ありがとう
これで…よかったのかな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
side洸哉
洸哉
洸哉
ただいま〜
洸哉
洸哉
…誰もいないけどw
そういえば…今日凛休みつってたな…
洸哉
洸哉
LINE送ろうかな…
「今日休みつってたけど、大丈夫?」
洸哉
洸哉
洸哉
洸哉
見てくれるかな〜…w
……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
side凛
凛
はぁ〜……
スマホ弄る気にもならないなぁ…
ピコン♪(通知音)
凛
…ん?
スマホを見るけど、通知はなにもきていない。
凛
…気のせいか?
凛
まぁいいや…




















その時、ちゃんとLINE見てればよかったな…