無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

73
2021/08/01

第2話

なんでもないよ
あのあと私は学校に向かっていた
教科書などは昨日のと同じだかなんとかいけるだろう
そんな考えを持って通学路を歩いていた
お〜い優偉〜
私 優偉
私 優偉
うわっ!?
何もそこまで驚かなくてもいいじゃない!
私 優偉
私 優偉
も〜雨音〜!
びっくりさせないでよ〜!

そこには満面の笑みを浮かべ
私をじっと見つめる、
その大人びた顔をして私に話を振る
雨音(あまね)がいた
雨音
雨音
なんか元気ないじゃない
昨日何かあったの?
昨日ヤッたことなんて言えない
私は少し間をおいて
私 優偉
私 優偉
なんでもないよ
私 優偉
私 優偉
げんきだからさ!
雨音
雨音
そう?
私 優偉
私 優偉
そうそう!
安心してよ〜!
無理に明るく振る舞う
大丈夫、バレなきゃいいの
雨音
雨音
ん〜…
私 優偉
私 優偉
な、なに?
雨音
雨音
なんでも!
ふたりとも〜!
登校中に後ろから私達を呼ぶ声が聞こえてくる
振り向けばそこには親友の声流(せな)
がこっちに向かって走ってきている
雨音
雨音
声流〜おはよ〜!
声流
声流
おはよ!
私 優偉
私 優偉
おはよう!
少し雰囲気変わった?
雨音
雨音
あっわかる〜
声流
声流
わかる!?
ちょっと髪型変えたのよ〜
こんな
何気のない話をしていると
また後ろから声が聞こえた
その声は昨日の夜をともに過ごした彼だった
   ーーーーーー切取りーーーーーー
はい!
どうだった?
ちょっと短いけど許して!
二人も新キャラ(オリキャラ)
が出てきたね!
まだ増やすからなぁ
頑張るぜ!
またね!