無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

9
2021/07/09

第4話

日焼け
スペシャルデーと称した運動大会
私は日焼け止め塗らないから案の定やけて赤くなった
友人M
友人M
私さぁ、めっちゃ焼けたってば
ヒカッピさん
ヒカッピさん
大丈夫、うちも焼けた
Mの比べたら我のほうが焼けた
焼けて赤くなった腕を見せる
友人M
友人M
わあ、凄い!
赤土みたい!w
ヒカッピさん
ヒカッピさん
もうちょい何かマシなのあるやろ
下手くそか
友人M
友人M
アァ、ごめんごめん。
赤土の十分の一みたいな色してる!
痛くないの?
ヒカッピさん
ヒカッピさん
治ってねーよ
人の肌を土にたとえるな。
下手くそが。
友人M
友人M
うん、私日本語下手だよ。
ヒカッピさん
ヒカッピさん
何だお前
しばらくして
友人i
友人i
あんた、ほんと焼けすぎだよ!
ヒカッピさん
ヒカッピさん
そうなん?
友人i
友人i
うちが誕生日日焼け止め買ってあげるよ!
ヒカッピさん
ヒカッピさん
うん、嬉しいけど誕生日10月なんだよ
時期考えろ
友人i
友人i
ここ年中太陽出てるようなもんだよ★
ヒカッピさん
ヒカッピさん
それもそうだな!
友人i
友人i
あっはっは
ヒカッピさん
ヒカッピさん
あっはっは
ヒカッピさん
ヒカッピさん
な訳無いやん
家にて
姉貴
姉貴
日焼け止め自分で買えばいいじゃん
ヒカッピさん
ヒカッピさん
確かに
姉貴
姉貴
うちも無くなってきてるし
姉貴
姉貴
スプレーのやつ欲しい
ヒカッピさん
ヒカッピさん
それは高い思うわ
姉貴
姉貴
それな
結果
M酷い i友達思いだけどなんか違う
姉貴スプレーのやつ欲しい
ヒカッピ黒糖