無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#6 当日
あなた

早く来ないかな〜

ピンポーン(チャイムがなる)
彬人
来たぞー
あなた

今行くわ。

彬人
デートってどこ行くんだよ。
あなた

秘密。

彬人
なんだそれ(笑)
そういえば、最近あの夢見てないん?
あなた

見るわよ。

彬人
前と同じやつ?
あなた

いや。最近は、違うの。
何か怖いのよ…、、

彬人
怖い?
あなた

えぇ。小さい女の子が、道路に飛び出すの。
そこに車が来てひかれるんだけどその女の子は、
あまり怪我してないの…。

彬人
え、、それって…。
あなた

彬人何か知ってるの?

彬人
あぁ。
多分その女の子って花だと思う。
あなた

私…なんで??

彬人
花は小さい時に事故にあってるんだよ。
あなた

何で彬人がその事知ってるの?

彬人
前に花のお父さんからきいた。
あなた

じゃあ、私が記憶を失ってる事も知ってるんだね。

彬人
あぁ。
あなた

私ね、失った記憶を取り戻したいのら、
だから、彬人にも手伝って欲しい…。

彬人
俺に出来ることがあるならいいよ。
あなた

ありがと。
まずは、事故にあった場所に行こ!
何か思い出せるかもしれない。

彬人
わかった!
事故現場につく。
彬人
何か思い出した?
あなた

うん。
この場所で女のコが血まみれで泣いてた!!

彬人
血まみれ??
でも、女の子は軽い怪我だったんじゃないの?
あなた

そうなんだけど…
まだ、思い出せるか頑張ってみる!

彬人
うん。