無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#2 出会い
先生が教室にはいる。
先生/皆おはよう!
おはようございます。(何人かの生徒が言う)
先生/まず転入生を紹介する。はいってこーい
一人の男の子が入ってくる。
先生/今日からこのクラスに入る
結城彬人くんだ。
彬人
結城 彬人です。
よろしくお願いします。
何人かの女子が騒ぎ出す。
先生/じゃあ、結城の席は…。
川島のとなりだ。
花と結城の目が合う。
彬人
よろしく。
あなた

よろしくお願いします。

先生/じゃあ、朝のHRは終わり。号令
起立。礼。
ありがとうございました。
クラスの人達が話し出す。
あなた

ねぇ。結城くん

彬人
何?。
あなた

私達ってどこかで会った事ある?。

彬人
いや、初めてだけど。
あなた

そう。ならいいや。

彬人
ちょっとこっち来て
(花の手を掴む
あなた

ちょっ。どこに行くの?

返事を返さない彬人。
屋上につく。
あなた

もう、何なの?

彬人
お前誰だ?
あなた

は?! 川島 花ですけど?

彬人
ふーん。さっきの俺と会った事あるってどうゆう意味?
あなた

それは…。
私、あなたの夢をみたのよ。

彬人
俺の夢?