無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#6 続き
あなた

え…。嘘でしょ…何で…?

彬人
どうした?
あなた

男の子が倒れてるの…。

彬人
男の子…?
それって…。
あなた

…。彬人だった…

彬人
え、俺…?
あなた

病院に行ってみよ?

彬人
うん
病院に行く。
あなた

あの。川島先生ってどこに居ますか?

受付/川島先生なら、1番室に居ますよ。
あなた

ありがとうございます。

1番室に入る。
医者
花と彬人くん?どうした??
あなた

お父さん。ちょっと話があるんだけどいい?

医者
いいけど…。
今までの事を全部話す。
あなた

って事なんだけど、お父さんどうゆうこと?

医者
花もついに知ってしまったんだな。
あなた

え、

医者
分かりやすく言うと、花と彬人くんは幼馴染なんだよ。
あなた

嘘でしょ?

ほんと。
彬人
でも!!
俺もそんな事知りませんでしたよ?
医者
それは…。君もその事故にあったんだからだよ。
彬人
じゃあ、花をかばってひかれたのが俺ってことですか?
医者
そういう事。あの時はほんとに助けてくれてありがとう。
彬人
じゃあ、花と俺は同じ記憶を失ってるってことですか?
医者
そうだな。
彬人
…。
ズキッ頭を抑える)
医者
大丈夫か!?
彬人
は…な。
あなた

彬人っ!彬人っ!
また、わたしを置いていくの…?
っ!!(ショックでたおれる)

医者
花っ!?しっかりしろ!!