無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
12,701
2021/08/13

第1話

声 [三ツ谷隆]
⚠️ ふたりは付き合ってます。






マナ
マナ
眠い…
ルナ
ルナ
ルナも…
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
おー、そろそろ寝ような
あなた
もう9時半だしね!


いつもどおりタカちゃんの家に来て、ルナマナの面倒を見た後、ふたりを寝かしつける。



三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
今日泊まる?
あなた
ん〜、、
マナ
マナ
あなたちゃん泊まって…!
ルナ
ルナ
あなたちゃんの朝ごはんまた食べたい…!
あなた
じゃあ、泊まろっかな
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
了解〜


可愛い。天使じゃん…。


あなた
じゃあふたりともおやすみ
ルナ
ルナ
おやすみ…
マナ
マナ
ん…



ふたりが寝たあと、隣の部屋でタカちゃんとふたりで話す。



三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
いつもありがとな
あなた
んーん、すごい可愛いし楽しいから!
あなた
てか、むしろ私 迷惑じゃない?
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
俺は 大好きな彼女と一緒に長くいれて嬉しいですけど?
あなた
…ッ、なら、ヨカッタデス…/////
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
あ、照れてる〜
あなた
違うし、っ!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆



タカちゃんは、私の頬に手を当てて。



三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
顔、真っ赤



( チュッ… )




あなた
!?
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
マナもルナも寝たことだし…大人の時間としますか♡
あなた
え、何言って、!ちょ…!


少し強引に、服の中に手を入れてくるタカちゃん。
探るように手を滑らせて、ゾクゾクっと鳥肌が立つ。



三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ふは、期待してんだろ
あなた
ッ違、んっ…!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
耳、弱いもんな
あなた
んん、そこれ、喋らないで…ッ


変わらず服の中で胸をやわやわと揉みながら、耳の横でわざと吐息をかけながら喋るタカちゃん。



三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ふ、ぐしょぐしょ
あなた
やらぁ…!


気づけば反対の手は下に伸びていて、敏感なところを下着の上から優しく撫でられる。



あなた
ん、ぅ…ひあっ…!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
しー
あなた
!!!んぐ…ッ
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
声出したら、ルナマナ起きちゃうぞ〜
あなた
や、ぁ、いじわる…!


確信犯だ。
下着の上からだからもどかしくて、でもこれ以上触られたら声を我慢出来る自身もない。
胸も、下も、優しく撫でられるだけで、ゾワゾワする。




三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ちゃんと言わないとわかんねぇよ?
あなた
……ッッ /////
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ほら、どーしてほしいの?
あなた
ん…ッ、ちゃん、と…触ってよばか…!


もどかしさに勝てずに、渋々そう言う。
顔はきっと真っ赤だし、恥ずかしくて死にそう。



三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ふ、了解 ( ニヤッ
あなた
ひ ぁ……ッ!!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
すげぇ濡れてる。…触ってほしかったんだ?
あなた
んっぁ、耳、だめぇ…!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
声、出てるぞ〜
あなた
!!!
あなた
んんん…っ、ふっ、〜〜ッッ♡
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
あ、今イッた?
あなた
っ、////
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
カワイ 笑
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
次、どーしてほしい?
あなた
ッ、、…れて
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ん〜?
あなた
っ入れて…!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
…よく言えました



( ずぷ……っ、! )




あなた
ふぁぁ…ッ!
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
声、出てんぞ…ッ
あなた
んぐ…ッ、むり、声出ちゃ…っ
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ん、キスしてやるよ
あなた
んぅ…!んんっ、〜ッ♡
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
はっ、締めすぎ…っ
あなた
ッらってぇ…


少し余裕のなさそうな顔をした割に、腰の動きをやめないタカちゃん。
もうすでにイッてるから、イキすぎておかしくなりそうだ。



あなた
あぅ!むぃ、ま、た、いく…っ
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
ん、俺も
あなた
ッん゙〜〜〜ッッ♡♡
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
っは、、



やっと終わりかと思ってぐったりしていると。



(  ぐいっ…  )




あなた
へっ、、
三ツ谷 隆
三ツ谷 隆
次はバックな
あなた
えっ、あ…ッ!






まだまだ夜は長いみたいです。






のキャラでリクエスト受け付けてますっ!
梵天、天竺はまた別の小説で…!
良ければ宣伝等お願いします…!