無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#__five💍





side:目黒





先生「〜〜で、ここは〜〜〜。」





あぁ〜…




授業頭に入ってこねぇ(←ごめんめめ、見てる限りいつもBy村上)





なんでだよ…(←それが通常運転やねんてBy向井)




いつからおかしくなったのは正直ここかなって思う瞬間はある。





朝、校内一の美女と呼ばれてる
あなたの名字さんを初めて生で見てからだ。





ずっと噂でしか聞いたことなかった。





“見た者は、必ず彼女に惹かれる”と。





俺は絶対にそんなことないって確信してたのに。





結果このざま。





あなたの名字さんしか脳内にない。





見たことなんてなかったから、今日初めて顔も見たし。





何組かも知らない。





毎休み時間女子に囲まれるのも散々だし。





探しに行ってみよーかなっ…





〚休み時間〛





向井「めめーってどっか行くんか??」





目黒「あー、トイレ」





適当だけど、まぁ行っといて損はない(←そりゃそーだBy作者)





そう思って1人で廊下に出たとき。





俺の目の前をあなたの名字さんは通った。




なんだろう…





胸が締め付けられるというか何というか…





わかんないけど(←すみません、作者の語彙力がつきました(()





追いかけたくなるような魅力を持ってる人だなーって思った。






I want to know about you more.

もっとキミ(あなたの下の名前)のことを知りたい。









NeXT⏭
さくしゃ。
さくしゃ。
(フォロワー様100人突破次第新作(?)出します)