無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ʕ•̫͡•ʔ
あなたside
(なまえ)
あなた
うわぁぁ……初めてナンパなんてされた……怖かった……でも壮馬くんが助けてくれたし!後でちゃんとお礼言わなきゃ!
〜学校オワタ\(^ω^)/〜
〜自宅☆〜
(なまえ)
あなた
ふぅ〜疲れたぁ……あ、そうだ。壮馬くんにLI〇Eしよーっと
〜LI〇E〜
(なまえ)
あなた
壮馬くんー今暇?
斉藤壮馬
斉藤壮馬
うん。暇だよ。どうしたの?
(なまえ)
あなた
話したいなっておもって
斉藤壮馬
斉藤壮馬
そうなんだ。あ、大学どうだった?
(なまえ)
あなた
大学?とくに何もないかなぁ
斉藤壮馬
斉藤壮馬
そうなんだ
(なまえ)
あなた
あ、でもまた告白されたな
斉藤壮馬
斉藤壮馬
?!告白されたの?!あなたちゃんってモテるのか……
(なまえ)
あなた
うーん……どうなんだろう……
斉藤壮馬
斉藤壮馬
告白されたの何回目?
(なまえ)
あなた
うーん。10回近く?
斉藤壮馬
斉藤壮馬
めっちゃモテモテじゃん……
(なまえ)
あなた
え?!そ、そうかなぁ
斉藤壮馬
斉藤壮馬
そうだよ!やっぱりあなたちゃん可愛いからねぇ
(なまえ)
あなた
?!何サラッと言ってんの……?
斉藤壮馬
斉藤壮馬
ん?オレなんか変なこと言った?
(なまえ)
あなた
いや、何サラッと可愛いって言ってんのって思って……
(なまえ)
あなた
もしかして誰にでも言うタイプの人……?
斉藤壮馬
斉藤壮馬
ちょっと人聞き悪いこと言わないでくれる?‪wあなたちゃんだから言うんだよ
(なまえ)
あなた
?!
斉藤壮馬
斉藤壮馬
あ、俺仕事戻んなきゃ行けないからまた後でね
(なまえ)
あなた
あ、う、うん
壮馬side
斉藤壮馬
斉藤壮馬
俺サラッと何言っちゃったんだろ……ボソッ
江口拓也
江口拓也
ん?壮馬どうした?
斉藤壮馬
斉藤壮馬
うぇっ?!なんでもないです……
江口拓也
江口拓也
うぇってなんだよ‪wなんでもないならさっさと行くぞ〜





























続く