無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1






私が彼らに出会ったのは小学一年生の頃。
























人見知りのせいで、友達ができなくて、











1人で本を読んでいた時。

















話しかけてくれたんだっけ。


























その時からの腐れ縁的なやつ?















高校2年生の今でもずっと一緒にいる3人組。


















よく聞かれるのは、









「どっちと付き合ってるの?」











私が2人と付き合ってるように見えるの?










私たちはずっと…ずっと……ただの友達。






























でいたかった。