無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

243
2020/07/06

第2話

第0話・前世の願い。果たしたい夢
覚えてないんだね
あんなに辛かった日々も
あんなに笑いあった日々も
私を勇気づけてくれた日々も
好き...だよ
---------------------------------
夜の風になびかれる花を一緒に見に行った
今度は昼間に見に来ようと約束した
そんな日々を忘れたの?
でも
今回こそは、君を嫁にするよ
------------------
そう。それは2人夜の森を駆け抜けていた日
いつもと変わらない無表情のあなた
無表情の裏に何があるのかずっと知りたかった
無惨を倒したら、その裏を見ようと思ってたのに
それは、叶わぬ夢だった
この世界でも相変わらずで、
ぼっちなんですね
そんなだから、みんなに嫌われるんですよ
今夜は月がきれいですね
--------------
鬼が居ねーのに
幸せな世界なのに
お前がいねーとつまんねーよ
思い出せよ
今度はずっと一緒に天ぷらを食べていようぜ
---------------
今度、思い出したら
私の事を捕まえてね
そして、2人で幸せになろう
前世果たせなかった願いを
叶えてよ
------------


どこかで聞いたんだ。

その声も温もりも



だけど



思い出せない