無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
240
2020/07/10

第5話

第4話・沈む夕日
善逸
善逸
ねーずこちゃん!
禰豆子
禰豆子
善逸先輩
善逸
善逸
禰豆子ちゃん、
善逸
善逸
夕日が綺麗だよ。
善逸
善逸
一緒に屋上で見ようよ
禰豆子
禰豆子
はい!ぜひ
太陽の下、君の黒髪がゆれる。
君は夕日よりも綺麗で、尊い
善逸
善逸
禰豆子ちゃんはさ、好きな人とか居るの?
禰豆子
禰豆子
え!?
禰豆子
禰豆子
はい...
善逸
善逸
そっか...
善逸
善逸
どんな人?
君を嫁にしたい。
それは前世からの思い
禰豆子
禰豆子
えっと
だけれど
禰豆子
禰豆子
すごく、優しくて素敵な人です
君の幸せを奪う訳にはいかない
善逸
善逸
じゃあ、その人は禰豆子ちゃんの事幸せにしてくれるね
禰豆子
禰豆子
はい
禰豆子
禰豆子
きっと、
君の花嫁姿は隣でみたいな
禰豆子ちゃん、
いつでも、俺を選んでいいんだよ
ううん。
いつか、僕を選んでね