無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

902
2020/11/27

第4話

0 2
お話に入る前に!!


あなたちゃんのマネさんご紹介します!!


宮浦 彩花 (あやか)


・あなたがJrの頃からあなたのマネをを担当することが多かったため長年の付き合い





〜 1日後 〜




宮浦「 え、あなた昨日あんなだったのに今日仕事出て大丈夫なの!?!? 」





『 ん~、まぁ大丈夫!! 』





宮浦「 え、病院は?? 行った?? 」





『 行った行った~ 』





宮浦「 何か言われた?? 」





『 それがさ、 』





『 私病気、らしいんだよね、笑 』





宮浦「 え?? 」





『 血管に小さな腫瘍ができてるんだって、 』





『 それで血管が圧迫されて昨日みたいな事が起こるんだって 』





宮浦「 え、それメンバーに言った?? 」





『 言えるわけないよ笑 』





宮浦「 言ったの私だけ、?? 」





『 うん、 』





『 ねぇ、彩ちゃんどうしよ、笑 』





宮浦「 手術とかはあるの、? 」





『 しないと腫瘍が大きくなって大変なことになるって、 』





宮浦「 迷惑かけるからって思ってメンバーに言ってないんだろうけど、メンバーには言わないと、 」





『 うん、でももうちょっと普通に活動したいから、笑 』





『 だから彩ちゃん、メンバーには言わないで貰える、、?? 』





宮浦「 あなたがどうしてもって言うなら言わないよ、でもいつまた昨日みたいなこと起こるかわからないから、早めに言いなよ、、?? 」





『 うん、!! ありがとう!! 』





この時あなたはある人にこの会話を聞かれていたのを知らない_。