無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

983
2020/11/24

第3話

0 1

栗原side



これは私に試練が訪れるまでのお話。




ラウール「 今日は新曲のレッスンかぁ!!!! 」





岩本「 振付師さんに聞いたけど結構バチバチに踊るらしいよ笑 」





深澤「 ひぇぇぇ、また大変になりますなぁ笑 」





『 頑張んないとね笑 』





振付師「 はいじゃあやるよ!! 」





向井「 おっしゃ頑張る!!! 」




〜 30分後 〜




『 うっ、、 』(うずくまる





渡辺「 え、ちょあなた?? 」





振付師「 一旦音止めて!!!! 」





『 ハァハァハァ、、いっ、たい、、 』





ラウール「 え、、?? 」





深澤「 あなた!?!? 」





『 い、たい、ハァ、いたい、 』





阿部「 どこが痛い、?? 」





『 心臓、が、痛い、 』





岩本「 とりあえず救急車呼ばないと!!! 」





佐久間「 俺呼んでくる!!! 」





宮舘「 あなた~?? 聞こえる?? 救急車もうすぐで着くからもうちょっと頑張れる?? 」





『 いたい、いたいの、、 ハァハァハァ 』





阿部「 痛いね、すぐ助けてくれるからね!! 」





ラウール「 どうしよどうしよ、あなたちゃん、、大丈夫なの、、?? 」





目黒「 大丈夫大丈夫、。 ラウこっちにいな 」





向井「 あなたに何があったん、、」





つづく