無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

813
2020/12/05

第5話

0 3


永瀬side



永瀬「 お疲れした~ 」





雑誌の取材が終わり、楽屋に戻ろうとしていたらあなたちゃんの楽屋があった。





永瀬「 あなたちゃんに挨拶した方がええよな 」





ノックをしようとしたら





栗原「 私病気らしいんだよね笑 」





部屋の中から信じられない、信じたくない言葉が。





永瀬「 え、、、?? 」





栗原「 血管に小さな腫瘍ができてるんだって、 」





永瀬「 嘘やろ、、、 」





開けかけてたドアを戻してドアノブから手を離した




宮浦「 メンバーには言ったの?? 」





栗原「 言えるわけないよ笑 」





永瀬「 頭が整理できひんよ、 」





宮浦「 メンバーに迷惑かけるからって言ってないんだろうけど言わないと、 」





栗原「 うん、でももうちょっと普通に活動したいから、笑 」





俺はこの言葉を聞いた瞬間走り出した