無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🥀

『 赤、ずきん ⋯⋯? 』

「 ああ。」

『 え、その ⋯⋯』



意味わからないし、顔も近いし ⋯⋯()






大西「 大ちゃん、あなたちゃん焦ってるよ ~ 」

「 ⋯⋯ 悪い、」

「 まずは自己紹介しましょー! 」

「 だな! 」





弟感 が 溢れる 男子が そういう。
そして自己紹介タイム!!!!(










西畑「 西畑大吾。2年生 」

『 あ、はい ⋯ 』

道枝「 道枝駿佑!1年生!よろしくね? 」

長尾「 長尾謙杜!!!!1年 B組!よろしく! 」

高橋「 高橋恭平 2年生 よろしく 」

大橋「 大橋和也!一応生徒会長やってる!よろしく!」

藤原「 藤原丈一郎。3年生。野球部部長!! 」

『 よ、よろしくお願いします ⋯ 』





個性強いなぁ ⋯⋯







『 で、あの、その ⋯ 赤ずきんというのは ⋯ 』

大西「 いや、大ちゃんが勝手に言ったんだけどね? 」

西畑「 いや、お前らも賛成した 」

長尾「 ほらほら、早く説明してあげてください ~ 」

西畑「 はぁ ⋯ 赤ずきんって童話しってる? 」

『 そりゃ、もちろん ⋯ 』

西畑「 赤ずきんって狼に遊ばれてるやろ。だから、お前は俺らのおもちゃになるってこと 」

『 いやぁ ⋯ 意味わかりません 』←

大西「 うーん ⋯ 僕らの癒しの存在っ? 」

道枝「 犬みたいな!! 」

高橋「 側室? 」

大橋「 トイザらス!!! 」

藤原「 マネージャー!!!! 」

『 ⋯⋯ ??? 』

道枝「 んー ⋯ 可愛いから仲良くしてねってことじゃ? 」

『 へぇっ?! 』

大橋「 まあ、そんな感じちゃう? 」

藤原「 てことで、今日から生徒会入ってもらう! 」

『 ええっ?! 』

西畑「 今日俺の家こい 」

『 ええええっ?!?!?! 』←

高橋「 じゃ 」

長尾「 かいさーん! 」







私の、アオハルが
女の子ときゃっきゃっ遊ぶ夢が ⋯⋯







なくなりそうです !!!!!!!







てか、意味わからないんですけど ⋯()