無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

Happybirthday愛する君へ










ご飯を頼んで色々な話をしたの。
シンメの話とか。笑   最近の状況とかー。

これからのセクゾとか。
結構濃いぃ内容の話したんだよ?笑




そんなこんなで菊池に
早くしろって連絡入れられたんで←














『しょーりー。ちょっと目つぶって?』


佐藤「んー」




素直になれ目隠ししてくれた。あら偉い。←
さぁ手を引いてれっつごーですよ!!!!!!

























































































『目隠しとっていいぞよ』


『…せーの!』









《Happybirthday!!!》












佐藤「え?え?みんななんで居んの?」







中島「今日(10/30設定)誕生日でしょ?
みんなでお祝いしよーって決めてたの!」


マリウス「僕は大学で健人くんは仕事で出来なかった
けど、あなたと風磨くんが飾り付けしてくれたんだよ!」




菊池「Happy birthday 誕生日おめでとう勝利」





『…// 誕生日おめでとう』


























佐藤「え、あ、めっちゃ嬉しい…ありがとうみんな」






『あーはい!!!手紙書いてきましたー!!』




菊池「このタイミングかよ笑」


『うるせだまれ』←





だって雰囲気が。ね?笑



















あ、手紙置いてきちゃった。(ばかすぎる)




『ごめん。手紙取ってくるからプレゼント
渡しといて〜!』


佐藤「笑笑」


中島「バカじゃん笑」




















































『おまたせーいたしましたぁー』





『それでは読ませて頂きます。』





「勝利へ
 ̄ ̄ ̄ ̄
誕生日おめでとう。
これはきっと何回も言ってるんでしょうね。笑

あなたと出会ったのは9年前。Sexy Zoneのメンバー
になるということで社長室に呼ばれた時、やっぱり
不思議そうな顔をしていましたよね。あの顔は
面白過ぎていまでも忘れられません。←

でも、右も左もわからなかった私に、
とても優しく接してくれたのを覚えています。
ダンスや歌だけでなく、
色々なことを教えてもらいました。
本当にありがとう。

明後日映画公開だし、
これから番宣も色々あるだろうけど頑張ってね。

愛するシンメへ、生まれてきてくれてありがとう。
一緒に過ごせて、とっても幸せです。

改めて、Happybirthday勝利。 あなたより」











マリウス「すっごい…!」


『いやん照れちゃう』←










佐藤「……」


菊池「……」


中島「…………いやえ?」


『え?』


菊池「いや、ええ?」


マリウス「みんな黙り込むじゃん笑」












佐藤「えーなんか泣きそうになるからやめて笑笑」


『あれ、あれれれれ。お兄さん涙目ですけど??』


佐藤「ええい黙れ」


『笑笑』








佐藤「ありがとう。」





『どういたしまして!』









いやー大好きなシンメちゃんです。もう毎年手紙
書いてるとさ、書くことなくなっちゃうよね←


愛するシンメへ.






















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1日遅れとか言わないでね?😳
最近早く寝ようとしてるから書く時間が無いんです。
なう(2019/10/31 23:09:51)←

風邪ひいてるんです。(言い訳)




これからも頑張ります!!



























ところでブラック校則みた?