無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

ばったり会っちゃった的な?










『てかこの前もこんな感じのあったよね』


なーんて思い出した時の話はんーと、いつ?()
あーあれだ。私が喧嘩してなんか謎メンツの
このメンバーでカラオケしてたときだ。


いやぁあんときも私と樹しか話してなかったんよね。

きょもほく全然話さなかったんです。









京本「なんかいつの間にかあなたちゃん北斗と
仲良くなってるね」


『そうなのー!むっちゃ嬉しくて舞い上がってる』


田中「えー良かったじゃん笑」


松村「でも意味不な行動多いよね」






『エッ』


田中「それは俺も思う」





『エエッ』


京本「逆に気づいてなかったの?」





『エエエッ』←



全く覚えがない…

叩いたこととか、叩いたこととか、叩いたこととか
え、全然わっかんなーい!!(それだよ)



ま え だ!!
ねぇ、抜け出す?
Juri.T
抜け出してみる?
ま え だ!!
いち、にの、さん、はいっ!






















『「チョットデカケテクル!!」』←










《…………は?》






















って2人で言ってからはや10分。






大大大大問題に気づきました。








『…ねぇこれ中の様子わかんないじゃん…』


田中「アッ」


『まじぶん殴っぞ!?』((


さっきの頭いいとか前言撤回。





まじマヌケすぎる。こーゆうところ嫌い。(意味不)






田中「じゃあ、、、戻る?」


『…ずっとぶらぶらしてんのも暇だし…戻るか。』







早くね?10分って早くね?


絶対話してないよ。うん。
まじこれで話してたら100万出すわ。

100万かけますわ。(殴
























そぉーっと、店内に戻ると








松村「ははっ まぁ、あんときはね?笑」


京本「あんときってなんだよ笑」













……………何言ってるの?私100万出さないよ?←






田中「え、夢みたい…」


『まじじゃん。まじだよ樹!!!!!』(大声)





店員「あ、あのぉ…」(苦笑)






田中「あ、すいません」


『ごめんなさい。』








って言うかめっちゃ大声出してるからバレてそう。

いや、確実にバレてるわ。まいっか!!←






京本「あ、樹たちだ」





『え、仲良くなった?』


松村「さぁね」


『 』









田中「じゃあ、、、」


『「、、大成功…?」』







結果オーライだけど、




なんか笑いあってるきょもほくみてて違和感あった←


やっぱ、あの気まづい感がいちばんなんだね!!!!















ま、新鮮な一時もいいかも…??



































Juri.T
ねぇ、雰囲気いつものに戻ったんだけど


昨日のカフェ事件があって一夜明けたなうです。
樹から1件の通知が。


なんか、関係もとに戻ったみたいです。←
ま え だ!!
アッレェ…