無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

あいあむ二宮教。←





佐藤side





前田「ねぇやばい会いたい。」





…………は?









『いや、は?』



え、ええ、え?まってまってまって、

もしかしてその、か、かれ、かれs 菊池「あら珍し」

うん、え?()





あ、急にあなたが会いたいとか意味のわからないこと

言い出して困惑している佐藤くんですどうも。


会いたいとか誰にぃ!?








『え、あなた、彼氏いたの…?』













前田「…は?」



菊池「何言ってんの爆笑」


『え?だって会いたいって…』


前田「いやいやいや彼氏いない歴=年齢ですけど?

あーまぁ、好きな人はいるけど。」


『好きな人いんの!?!?!?』←大声


前田「うっせぇぇぇぇぇ!!」←大声


菊池「お前ら黙れ爆笑」


『いやまぁそうだよね。高2だもんね
恋くらいするよね…(ぶつぶつ)』







前田「(スルー)あぁぁぁぁぁぁぁ。会いたい。」


菊池「そんなんあいに行ってくればいいじゃん」








なんて近くで話してるはずの2人の声が

すっごく遠くに聞こえる…(殴
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁa 前田「いや西には負けないね」




































『え?』






























前田「…え?」

































菊池「…えぇ?」







『西って…?関西?』


前田「関西の西と西畑の西をかけて西だけど…」


菊池「西 西おおいな笑
てか勝利誰と勘違いしてんの?」







『え、だから俺らが知らないあなたの好きな人…』



































前田「いや二宮くんですけど。」



































































































































菊池「あっはっはっはっはっ爆笑爆笑爆笑爆笑」


前田「だってもうまじで顔が、爆笑
必死すぎて、 ヒィ爆笑 クソやばかったあっはっ爆笑」


中島「そりゃ恥ずかしいな、笑」


マリウス「結構前から言ってるよねー!」


「ねー!
だってほら見て?24時間テレビの後のLINEよ、、?」


















"きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ"←